コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広瀬厳雄 ひろせ いつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広瀬厳雄 ひろせ-いつお

1815-1874 幕末の国学者。
文化12年生まれ。出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)御用達米商糸屋の長男。鈴木重胤(しげたね)に国学を,千種有功(ちぐさ-ありこと)に和歌をまなぶ。慶応3年公武合体運動(大山庄大夫一件)に関与し投獄された。明治7年12月23日死去。60歳。本姓は佐藤。号は真珠舎,水順。名は「いずお」「いわお」ともよむ。著作に「赤坂薬師神社考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

広瀬厳雄の関連キーワード国学者

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android