庄田鶴友(読み)しょうだ かくゆう

美術人名辞典の解説

庄田鶴友

日本画家。奈良県生。名は常喜。京美工卒。山元春挙の門。山水画を得意とする。日本自由画壇同人。京都絵専教授。昭和23年(1948)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

庄田鶴友 しょうだ-かくゆう

1879-1948 明治-昭和時代の日本画家。
明治12年9月28日生まれ。山元春挙にまなぶ。明治40年文展で「海辺」が入選,以後も「暮雪」「耶馬渓の朝」などを出品。43年京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)助教授,のち教授。大正8年植中直斎らと日本自由画壇を結成した。昭和23年4月25日死去。70歳。奈良県出身。京都市美術工芸学校卒。本名は常喜。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android