コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

序開き ジョビラキ

大辞林 第三版の解説

じょびらき【序開き】

( 名 ) スル
物事の始まり。発端。 「情痴のろけ半分-して、まず三叉みつまたの古事を談ず/当世書生気質 逍遥
江戸時代、歌舞伎の一日の興行のはじめに、三番叟さんばそう・脇わき狂言に続いて、下級俳優によって演じられた狂言。本狂言とは無関係に、神社の前に神霊などが現れる滑稽な一幕。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

序開きの関連情報