底鱈(読み)ソコダラ

大辞林 第三版の解説

そこだら【底鱈】

タラ目ソコダラ科の海魚の総称。全長30~100センチメートル。体は細長く、尾部は糸状にのび、尾びれがない。肛門前方に発光バクテリアが共生する発光器がある。練り製品の材料。深海にすみ、日本近海にはトウジンヒゲ・ソコダラ・テナガダラほかが分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

底鱈 (ソコダラ)

学名:Nezumia kamoharai
動物。ソコダラ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android