コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底鱈 ソコダラ

デジタル大辞泉の解説

そこ‐だら【底×鱈】

タラ目ソコダラ科の海水魚。全長約40センチ。尾部は糸状で尾びれはない。相模(さがみ)湾の深海にすむ。またソコダラ科の総称で、トウジン・ネズミダラなどが含まれる。世界の深海に広く分布し、発光バクテリアを共生させた発光器をもつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そこだら【底鱈】

タラ目ソコダラ科の海魚の総称。全長30~100センチメートル。体は細長く、尾部は糸状にのび、尾びれがない。肛門前方に発光バクテリアが共生する発光器がある。練り製品の材料。深海にすみ、日本近海にはトウジンヒゲ・ソコダラ・テナガダラほかが分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone