コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座田維貞 さいだ これさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

座田維貞 さいだ-これさだ

1800-1859 江戸時代後期の国学者。
寛政12年生まれ。京都の院の雑色(ぞうしき)座田維正の養子となる。天保(てんぽう)8年「国基」を刊行し,国体について論じた。公家の学校の必要性をうったえ,弘化(こうか)3年創設の学習院雑掌となる。安政6年8月22日死去。60歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。本姓は速水。字(あざな)は子正。号は梅首。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

座田維貞の関連キーワード黒沢時子国学者

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android