康猶(読み)こうゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

康猶
こうゆう

江戸時代初期の仏師。康正の子とされる。仏師左京法眼康猶と称する。慶長7 (1602) 年 11月,教王護国寺大仏師職につき,元和5 (19) 年に徳川秀忠寿像,寛永8 (31) 年に日光東照宮釈迦,多宝,大日の如来三尊,および本地堂の本尊像,また同じく江戸幕府の命で日光東照宮の仏像などを制作。上野寛永寺五重塔の釈迦,薬師,弥勒,阿弥陀の四仏坐像も康猶の作と考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android