コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康猶 こうゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

康猶
こうゆう

江戸時代初期の仏師。康正の子とされる。仏師左京法眼康猶と称する。慶長7 (1602) 年 11月,教王護国寺大仏師職につき,元和5 (19) 年に徳川秀忠の寿像,寛永8 (31) 年に日光東照宮の釈迦,多宝,大日の如来三尊,および本地堂の本尊像,また同じく江戸幕府の命で日光東照宮の仏像などを制作。上野寛永寺五重塔の釈迦,薬師,弥勒,阿弥陀の四仏坐像も康猶の作と考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

康猶の関連情報