廊下番(読み)ろうかばん

精選版 日本国語大辞典「廊下番」の解説

ろうか‐ばん ラウカ‥【廊下番】

〘名〙 江戸幕府の奥向きに仕える番衆の一つ。能役者の中から抜擢して補し、名字を改めて番させたもの。若年寄支配で、役料一〇〇俵。廊下番衆。
徳川実紀‐貞享元年(1684)正月一一日「二丸番より廊下番にうつる者一人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android