コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廓八景 くるわはっけい

世界大百科事典 第2版の解説

くるわはっけい【廓八景】

常磐津節,河東節。常磐津節の方は,作詞初世桜田治助,作曲初世菅野序遊の一中節《吉原八景 花紅葉錦廓(はなもみじにしきのいろさと)》(1804‐08ごろ成立)を3世岸沢式佐が1830‐35年(天保初め)ごろ常磐津節に作曲。本名題《其儘廓八景(そのままにくるわはつけい)》。近江八景になぞらえて吉原の情景を描いたもの。あっさりした曲風で,7世坂東三津五郎が振りをつけて以来,舞踊曲としてよく演じられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

廓八景の関連キーワード若柳 吉駒

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android