コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八景 ハッケイ

3件 の用語解説(八景の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はっ‐けい【八景】

一国、一地方などで特にすぐれた8か所の景色。中国の瀟湘(しょうしょう)八景に始まる。日本では近江八景金沢八景南都八景日本新八景など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はっけい【八景】

一定の空間の中にある絶景を八つ定めて,八景としてめでる感覚は,中国から渡来したものである。本居宣長《玉勝間》巻十二にも,〈もともろこしの国の,なにがしの八景といふをならひてさだめたる〉と記されており,日本では慶長・元和(1596‐1624)のころからしだいに人口に膾炙(かいしや)しはじめた。最初にいいだされた八景は近江八景といわれ,京都円光寺の長老が近江に蟄居しているとき,中国の瀟湘(しようしよう)八景になぞらえたものという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はっけい【八景】

八つのすぐれた景色。中国の瀟湘しようしよう八景が起源。日本では近江八景・金沢八景などがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八景の関連情報