コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廬城部枳莒喩 いおきべの きこゆ

1件 の用語解説(廬城部枳莒喩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

廬城部枳莒喩 いおきべの-きこゆ

日本書紀」にみえる豪族。
雄略天皇3年息子の武彦が伊勢斎宮の稚足姫(わかたらしひめの)皇女をおかしたと中傷され,罪が自分におよぶのをおそれて息子を殺害。安閑天皇元年娘の幡媛(はたひめ)が皇后に献上した首飾りが盗品であることが発覚し,幡媛と安芸(あき)(広島県)の屯倉(みやけ)を天皇にさしだした。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

廬城部枳莒喩の関連キーワード阿閉国見朝日郎童女君城丘前来目吉備上道兄君吉備山吉備弓削部虚空土師吾笥物部目弓削豊穂

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone