コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延宝伝燈録 えんぽうでんとうろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

延宝伝燈録
えんぽうでんとうろく

卍元師蛮 (まんげんしばん) 著。 41巻。延宝6 (1678) 年編。北宋法眼宗の人道原編の『景徳伝燈録』に始る伝燈録類にならい,臨済曹洞の禅僧約 1050人の行状伝記偈頌 (げじゅ) などを集録したもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

延宝伝燈録の関連キーワード卍元師蛮

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android