コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卍元師蛮 まんげん しばん

6件 の用語解説(卍元師蛮の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

卍元師蛮

江戸中期の臨済宗の僧。相模生。号は独師。妙心寺黙水龍器の法嗣。僧伝の編纂を決意して資料の収集に30余年を費やし、臨済・曹洞の禅僧約千人の伝を収める『延宝伝灯録』を完成する。美濃盛徳寺を再興し、のち常陸清音寺に転住する。『本朝高僧伝』を編纂し、晩年には妙心寺の盛徳院に退休した。宝永7年(1710)寂、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まんげん‐しばん【卍元師蛮】

[1626~1710]江戸前期の臨済宗の僧。相模の人。日本の僧の伝記の編纂を発願。三十余年諸国を歩いて資料を収集し、「延宝伝灯録」「本朝高僧伝」などを著した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

卍元師蛮 まんげん-しばん

1626-1710 江戸時代前期-中期の僧。
寛永3年生まれ。京都の臨済宗(りんざいしゅう)妙心寺の黙水竜器(もくすい-りゅうき)の法をつぐ。美濃(みの)(岐阜県)盛徳寺を再興。常陸(ひたち)(茨城県)清音寺,妙心寺盛徳院などの住持をつとめ,「延宝伝灯録」「本朝高僧伝」などをあらわした。宝永7年2月12日死去。85歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。俗姓は熊沢。別号に独師。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

卍元師蛮

没年:宝永7.2.12(1710.3.11)
生年:寛永3(1626)
江戸前期の臨済宗の僧。相模(神奈川県)生まれ。俗姓は熊沢。18歳で出家し,黙水竜器の法を嗣いだ。延宝7(1679)年,美濃(岐阜県)の盛徳寺を再興したあと,常陸(茨城県)清音寺,京都妙心寺塔頭盛徳院に歴住した。足跡で重要なのは,資料集めに30年余をかけて僧伝を編纂したことである。延宝6年,宋の道原の『景徳伝燈録』に準じて約1000人の禅僧の伝記を収めた『延宝伝燈録』41巻を,元禄15(1702)年,1662人の伝記を収めた『本朝高僧伝』75巻を完成させ,次いで『東国高僧伝弾誤』10巻を著した。鎌倉期の『元亨釈書』の著者虎関師錬と並び2大仏教史家と称される。

(藤田正浩)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まんげんしばん【卍元師蛮】

1626‐1710(寛永3‐宝永7)
江戸中期の臨済宗の禅僧。卍元は号で,また独師とも称す。相模の生れで,俗姓は熊沢氏。18歳のとき出家し,妙心寺第232世住持の黙水竜器の法を継いだ。1679年(延宝7)美濃加納の盛徳寺を再興し,常陸の清音寺や京都の盛徳寺に住持するなどして,世寿85をもって寂するが,その間に二つの僧伝を著し,妙心寺の学僧として知られている。僧伝編纂を志した師蛮は,30余年に及ぶ長期にわたって資料を集め,まず1678年に日本の臨済宗と曹洞宗の禅僧および居士など1000余人の僧伝を収める《延宝伝灯録》41巻を著し,ついで,1702年(元禄15)には各宗の名僧1662人の伝記を収録する《本朝高僧伝》75巻を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卍元師蛮
まんげんしばん
(1626―1710)

江戸時代の臨済(りんざい)宗の学僧。独師とも号す。俗姓は熊沢氏。相模(さがみ)(神奈川県)の人。18歳で出家し、妙心寺232世黙水龍器(もくすいりゅうき)の法を嗣(つ)ぐ。早くから僧伝編纂(へんさん)の志を抱き、三十余年の資料収集ののち、1678年(延宝6)臨済・曹洞(そうとう)両宗の禅僧約1000名の伝を編んだ『延宝伝燈録(えんぽうでんとうろく)』41巻を著し、ついで1702年(元禄15)1662名の伝を収めた『本朝高僧伝』75巻を刊行した。また『東国高僧伝弾誤(だんご)』10巻の著述がある。美濃加納(みのかのう)(岐阜市)の盛徳(せいとく)寺に葬る。塔(墓標)を海雲塔という。[鈴木格禪]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の卍元師蛮の言及

【延宝伝灯録】より

…妙心寺派の禅僧卍元師蛮(まんげんしばん)が,資料収集に30余年を費やし,1678年(延宝6)に著した禅僧の伝記。全41巻。…

【本朝高僧伝】より

…臨済宗の卍元師蛮(まんげんしばん)が1702年(元禄15)に著した日本で最も浩瀚(こうかん)な高僧伝。75巻。…

※「卍元師蛮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

卍元師蛮の関連キーワード林信春永字銀石川義孝荻生方庵片桐貞房菅梅宇高仁親王中尾我黒弄幻子芄月

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone