コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法眼宗 ほうげんしゅうFa-yan-zong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法眼宗
ほうげんしゅう
Fa-yan-zong

中国における禅宗の一宗派。唐末に,清涼寺に住んで勢力をふるった大法眼禅師文益 (885~958) を開祖とする。南宗禅の青原門下に属し,天台徳昭,永明延寿と伝わって一時栄え,およそ 100年間続いたが,宋代中期以後法統は絶えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうげんしゅう【法眼宗】

中国禅宗五家七宗の一。唐末五代の頃、清涼文益が開いたもの。宗名は、文益が大法眼の僧位を贈られたことによる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

法眼宗の関連キーワード延宝伝燈録五家七宗僧位

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android