法眼宗(読み)ほうげんしゅう(英語表記)Fa-yan-zong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法眼宗
ほうげんしゅう
Fa-yan-zong

中国における禅宗の一宗派。唐末に,清涼寺に住んで勢力をふるった大法眼禅師文益 (885~958) を開祖とする。南宗禅の青原門下に属し,天台徳昭,永明延寿と伝わって一時栄え,およそ 100年間続いたが,宋代中期以後法統は絶えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうげんしゅう【法眼宗】

中国禅宗五家七宗の一。唐末五代の頃、清涼文益が開いたもの。宗名は、文益が大法眼の僧位を贈られたことによる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうげん‐しゅう ホフゲン‥【法眼宗】

〘名〙 中国の禅宗五家の一つ。法眼文益を祖とするもの。
興禅護国論(1198)中「世洎二十脈流五家 謂一法眼宗、二臨済宗、三潙仰宗、四雲門宗、五曹洞宗也」 〔人天眼目‐四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android