コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延徳版 エントクバン

デジタル大辞泉の解説

えんとく‐ばん【延徳版】

延徳4年(1492)薩摩で出版された「大学章句」の再刊本。日本最初の漢籍新注として有名。文明13年(1481)刊行の原刻本は現存しない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんとくばん【延徳版】

日本最初の漢籍新注である「大学章句」の翻刻。桂庵玄樹けいあんげんじゆの学風をうけた薩摩さつまの家老伊地知重貞が、1481年に出版した「大学章句」を1492年(延徳4)に再刊したもの。原刻本は伝わっていない。延徳版大学章句。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の延徳版の言及

【五山版】より

…五山版の特徴は,仏典以外の図書の印行にあり,国書開版の糸口を開いたことにあるが,装丁様式にも変化を加え,従来の巻子(かんす)本,折本,粘葉(でつちよう)本のほかに袋綴(ふくろとじ)本(ふつうの和本の形式)があらわれ,しかも,その大部分をしめるようになったことである。なお,開版時の年号,または開版者の名を冠して,〈延徳版〉〈大永版〉〈師直(もろなお)版〉などと呼ぶものもある。【庄司 浅水】。…

※「延徳版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

延徳版の関連キーワード延徳翻刻