コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱子 しゅしZhu-zi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱子
しゅし
Zhu-zi

[生]建炎4(1130).9.15. 福建,尤渓
[没]慶元6(1200).3.9. 建陽
中国,南宋の儒学者。宋以降の中国,日本の思想界に圧倒的な影響を及ぼした。名は熹。字は元晦,仲晦。号は晦庵,晦翁など。徽州ぶ源の人。地方官としての治績にもみるべきものがあるが,本領はあくまでも壮大な理気の説を基にしたその思想にある。朱子は程 顥程頤張載などの北宋道学を集大成し,宇宙論,人性論,道徳論のすべての領域をおおう理気の思想を完成させた。膨大な著作のうちおもなものは,『四書集註』 (19巻) ,『周易本義』 (10巻) ,『詩集伝』 (20巻) など。また『朱子文集』 (100巻,続集 11巻,別集 10巻) ,『朱子語類』 (140巻) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

朱子【しゅし】

朱熹

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゅし【朱子】

朱熹しゆきの尊称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朱子
しゅし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

朱子 (しゅし)

生年月日:1130年9月15日
中国,南宋の学者,官僚,思想家
1200年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の朱子の言及

【朱熹】より

…中国,南宋時代の思想家。いわゆる朱子学の大成者。朱子はその尊称。…

【宋】より

…その学説は張載,程顥(ていこう),程頤(ていい)に受け継がれ,南宋の朱熹(子)にいたって大成された。宇宙生成の原理や人間の本性を究明する学問なので性理学,理学などといい,あるいは朱子学,程朱学,道学,宋学などとさまざまによばれる。朱子の生前,道学は偽学として迫害をうけたが,彼の死後,多くの学者に継承されて儒学の正統の地位を占めるようになり,明代には官学として大いに興隆し,朝鮮や日本の学術思想にも影響を及ぼした。…

【孟子】より

…諸子の一人にすぎなかった《孟子》を経書にまで昇格させたのは宋儒である。宋の朱子が《孟子》を《論語》と並べ,《大学》《中庸》の2編と合わせて〈四書〉と称して,尊重したことによる。 孟子の仁や孝弟を重んずる道徳思想は,基本的には,孔子と立場を同じくする。…

【礼】より

…中国で礼といえば,日常の礼儀作法にとどまらず,冠婚葬祭の通過儀礼はもとより,家,地域社会,学校,朝廷といった場における作法や式次第も包括する。特定の時と場にふさわしい,対他的な身体行動を規範化したもの,といえるだろう。のみならず,こうした個人の身体行動を超えて,国家を維持し運営してゆくためのシステムの総体もまた,礼の名で呼ばれた。《周礼(しゆらい)》は《儀礼(ぎらい)》《礼記(らいき)》とならぶ〈三礼(さんらい)〉の一つであるが,この古典的礼書には,宇宙の秩序になぞらえて官僚制度や文物典章が整然と記述されている。…

※「朱子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

朱子の関連キーワード陽気発するところ金石また透る陽気を発する処金石も亦透る精神一到何事か成らざらん資治通鑑綱目大学(書名)名臣言行録慶元の党禁徹頭徹尾ダマスク一刀両断野中兼山桂庵玄樹四書五経格物致知三宅道乙生年月日近思録真徳秀性即理李退渓

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朱子の関連情報