延慶両卿訴陳状(読み)えんきょうりょうきょうそちんじょう

精選版 日本国語大辞典「延慶両卿訴陳状」の解説

えんきょうりょうきょうそちんじょう エンキャウリャウキャウソチンジャウ【延慶両卿訴陳状】

鎌倉後期の歌論書。一巻。二条為世著。延慶三年(一三一〇)に、二条為世と京極為兼が、勅撰集撰者の資格について争い花園天皇に訴えたときの書状を交互に収める。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android