コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延焼罪 エンショウザイ

デジタル大辞泉の解説

えんしょう‐ざい〔エンセウ‐〕【延焼罪】

自宅その他の自己所有物に放火し、予期せず他人の家などに燃え広がらせる罪。刑法第111条が禁じる。他人の家などの建物・列車・船舶などを燃えさせた場合は3か月以上10年以下の懲役、その他の物の場合は3年以下の懲役に処せられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんしょうざい【延焼罪】

自分の所有物に放火したところ、その行為者の予期しなかった物が焼けてしまうことにより成立する罪。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の延焼罪の言及

【放火罪】より

…その物が自己の所有物であるときは,1年以下の懲役または10万円以下の罰金に処せられる。(4)自己の非現住建造物,物等に放火し,他人の建造物等に延焼させたときは,延焼罪として重く処罰される(111条)。 放火罪が成立するには,まず〈火を放つ〉ことが必要である。…

※「延焼罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

延焼罪の関連キーワード結果的加重犯放火罪

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android