コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建値/立(て)値 タテネ

4件 の用語解説(建値/立(て)値の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たて‐ね【建値/立(て)値】

《「建値段」の略》製造業者が卸売業者に対して設定する販売価格。取引価格の基準となるもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

FX用語集の解説

建値

外国為替市場における場合、銀行が為替相場で公表する標準値段(為替レートの提示)のことを指します。

出典|(株)外為どっとコム
FX用語集について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建値
たてね

生産業者が卸売業者に示す販売価格。鉄鋼、パルプセメントなど、寡占化の進んだ業界に代表的にみられる。しかし、実際の取引がすべて建値で行われるわけではない。通常、コストプラス方式(生産費+適正利潤)で設定される。取引所での売買の約定値段も建値という。取引所で取引される商品は、建(たて)とよばれる一定数量(例、大豆60キログラム)を基準に値段を表示するためである。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone