建安(読み)けんあん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 中国、福建省建陽県から産した黒釉を掛けた天目茶碗。宋の士大夫階級に賞用され、日本にも鎌倉・室町期に請来され珍重された。→建盞(けんさん)。〔陸游‐建安遣興詩〕
② 中国、後漢献帝時代、建安年間(一九六‐二二〇)に新しい文学が興り、それが六朝文学の基となったところから、その文学、また、その詩風などをさす。→建安体。〔李白‐宣州謝朓楼餞校書叔雲詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の建安の言及

【建甌】より

…福建省の建の字は,ここに置かれた建州(建寧府)に由来する。三国呉の永安3年(260)建安県がここに置かれ建安郡治となった。この郡は隋・唐時代建州と改称され,南宋に建寧府に昇格して清代に至る。…

※「建安」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android