コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建安体 ケンアンタイ

大辞林 第三版の解説

けんあんたい【建安体】

中国三国時代、魏の曹操そうそう・曹丕そうひ・曹植そうしよく父子および建安七子の詩風。教訓を盛り込む当時の詩風に反対し、慷慨こうがいと気骨を重んじた。五言詩の発展、および文学の抒情化に大きな役割を果たした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android