コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸游 りくゆうLu You

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸游
りくゆう
Lu You

[生]宣和7(1125)
[没]嘉定2(1209)
中国,南宋の詩人。山陰 (浙江省紹興県) の人。字,務観。号,放翁。宰相の秦檜に憎まれて進士及第からはずされるという不運にあい,紹興 32 (1162) 年進士出身を与えられたが,その後も中傷を受けることが多く,しばしば郷里に帰った。 夔州 (きしゅう) 通判,厳州権知事,軍器少監,礼部郎中兼実録院検討などをつとめ,宝謨閣待制となって引退した。初め江西詩派の詩を学んだが,のち独自の境地を開いて尤袤 (ゆうぼう) ,楊万里范成大とともに南宋四大家と称された。逆境の祖国を憂う詩が多く愛国詩人といわれるが,日常の生活や田園の風景をうたった詩にもすぐれたものがある。また 夔州に赴任する際の旅行日記『入蜀記』は中国紀行文学中の傑作とされる。詩集『剣南詩稿』 (85巻) ,文集『渭南文集』 (50巻) ,『老学庵筆記』 (10巻) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りく‐ゆう〔‐イウ〕【陸游】

[1125~1210]中国、南宋文人。山陰(浙江(せっこう)省)の人。字(あざな)は観。号、放翁(ほうおう)。南宋第一の詩人として、北宋蘇東坡蘇軾)と並称される。激情の愛国詩人であるとともに日常の生活をもこまやかに歌い上げた。1万首近くの詩が今に伝わる。著「剣南詩稿」「放翁」「渭南(いなん)文集」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

陸游【りくゆう】

中国,南宋の詩人。浙江省の人。字は務観,号は放翁。才を認められ38歳で進士出身を賜ったが,官吏としては不遇。古今第一の多作家で,1万余首が現存。南渡後の宋を憂えた愛国的作品も多く,また豊かな心情情景に託した詩にも特色がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りくゆう【陸游 Lù Yóu】

1125‐1210
中国,南宋時代の詩人。字は務観,号は放翁。浙江省紹興の出身。85年の生涯にほぼ1万首の詩をのこし,南宋第一の詩人といわれる。当時中国の北半分を女真族の国家金が占領,地方官をつとめていた父陸宰は官界では少数派の徹底抗戦をとなえる憂国の士で,陸游はその影響下に育った。30歳のとき,科挙の試験で宰相秦檜しんかい)(金との和睦派のリーダー)の孫と首位を争ったが,秦檜のさしがね落第のうき目にあう。のち進士の資格は得たが,抗戦派として政界で疎外され,最終官も名誉職に近い秘書監にとどまった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りくゆう【陸游】

1125~1210) 中国、南宋の詩人。字あざなは務観、号は放翁。北方の女真族王朝金に対して熱烈な抗戦論を唱えた憂国詩人であるとともに、自然や田園生活をこまやかな愛情をもってうたった田園詩人でもあった。南宋最大の詩人と称される。詩は「剣南詩稿」に、散文は「渭南いなん文集」に収められている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸游
りくゆう
(1125―1210)

中国、宋(そう)代の詩人。字(あざな)は務観(むかん)、号は放翁(ほうおう)。越(えつ)州山陰(さんいん)(浙江(せっこう)省紹興(しょうこう)市)の人。29歳のとき進士の試験に第一位をとったが、宰相秦檜(しんかい)に妨害されて殿試で落第させられた。秦檜の死後、34歳で初めて官界に入ったが、中央の微官と地方官を転々として終わった。しかも要路の人を批判しては幾度も免職にあい、官職にあったのは通算しても20年ほどでしかない。このように官界において孤立し、挫折(ざせつ)を重ねて不遇であったが、彼はつねに国を憂い、侵略者金への徹底抗戦を主張し、それを詩に歌い続ける剛直激情の愛国詩人であった。「千年の史策に名無きを恥じ、一片の丹心もて天子に報ぜん」と抱負を歌い、「朱門沈沈とし歌舞を按(あん)じ、厩馬肥死(きゅうばひし)して弓は弦を断つ」と権門の腐敗に憤り、「王師北のかた中原を定むる日、家祭忘るるなかれ乃翁(ちち)に告ぐるを」と臨終の詩にまで国土回復の希望を歌うように、それは生涯を貫くものであった。
 こうした激情の詩をつくる一方では、「小楼一夜春雨を聴く、深巷(しんこう)明朝杏花(きょうか)を売らん」のように、平静な心境で日常の生を楽しみつつ、生きていることの幸福感を身辺の日常的な事物に投影させて、細やかに歌い上げた。約1万首の彼の詩は、この憤激と閑適(かんてき)の二面を基調とするが、その底にあるものは童心にも似た純粋な精神であり、十全な本性の追求の姿勢であった。
 なお四川(しせん)省(蜀(しょく))へ赴任の46歳のときの日記『入蜀記』は、紀行文中の圧巻とされている。著に『渭南(いなん)文集』50巻と『剣南詩稿(けんなんしこう)』85巻がある。[横山伊勢雄]
『前野直彬著『漢詩大系19 陸游』(1964・集英社) ▽小川環樹著『中国詩文選20 陸游』(1974・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陸游の言及

【宋詩】より

…点鉄成金,換骨奪胎と称して,古人の詩句を自在に活用する手法を駆使して,宋詩の主知主義を極限まですすめ,多くの模倣者を出し,江西派という詩派を作りだす。 南北宋過渡期の陳与義(1090‐1138)は,激動の中で唐詩の抒情性への回帰が見られ,この傾向は南宋の三大家と呼ばれる陸游,范成大,楊万里に引き継がれた。3家の詩はいずれも金に北方領土を奪われた国家の状況に対する憂慮という当時最大の歴史的課題を主題としつつ,社会と自己の身辺の現実を凝視する。…

【中国文学】より

…杜甫の地位を決定的にしたのが王安石と黄庭堅であったのに似ている。南宋の傑出した詩人陸游(陸放翁)は,王安石の学問の忠実な弟子であった人の孫だが,彼の詩風は王安石よりも蘇軾に似ている。北方からの侵略者に対する徹底的抗戦の主張を終生もちつづけ,その熱情を詩に表現したが,官をやめて長く住んだ農村の景物の描写にもすぐれていたことを見のがすべきではない。…

【ボタン(牡丹)】より

… 牡丹の栽培観賞は五代以後四川でも盛行し,とくに天彭と呼ばれる彭城が中心となった。南宋時代,6年を四川ですごした詩人陸游は《天彭牡丹譜》にその詳細を記す。宋代には牡丹植栽の中心は洛陽にうつる。…

※「陸游」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陸游の関連キーワード一籌を輸する一竿の風月梅花無尽蔵5月17日青天の霹靂行縢∥行騰大沼枕山沼田孤松山水遊記唐宋詩醇田園詩人市河寛斎筆記小説柳暗花明風餐露宿一海知義劉克荘戴復古周必大沈石田