建川 美次(読み)タテカワ ヨシツグ

20世紀日本人名事典の解説

建川 美次
タテカワ ヨシツグ

明治〜昭和期の陸軍中将 駐ソ大使。



生年
明治13(1880)年10月3日

没年
昭和20(1945)年9月9日

出生地
新潟県新潟市

旧姓(旧名)
野崎

学歴〔年〕
陸士(第13期)〔明治34年〕卒,陸大〔明治42年〕卒

経歴
明治34年騎兵第9連隊付となり、38年日露戦に出征。将校斥候の隊長としてロシヤ軍の背後に潜入、横断。山中峯太郎の「敵中横断三百里」(昭和5〜6年「少年倶楽部」連載)のモデルになった。陸大卒業後、イギリス駐在、インド駐在武官。昭和6年参謀本部第2部長時代、陸軍の桜会を中心とする三月事件を主謀、十月事件に連座。その後ジュネーブ軍縮会議に派遣され、7年中将、8年第10、10年第4師団長を歴任。11年2.26事件後の粛軍人事により、予備役。東亜建設国民連盟、大亜細亜協会の幹部となり「興亜運動」を指導。15年第2次近衛文麿内閣の駐ソ大使、19年翼賛政治会総務、大日本翼賛壮年団団長。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

建川 美次 (たてかわ よしつぐ)

生年月日:1880年10月3日
明治時代-昭和時代の陸軍軍人
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android