建御雷神・武甕槌神(読み)たけみかずちのかみ

精選版 日本国語大辞典「建御雷神・武甕槌神」の解説

たけみかずち‐の‐かみ たけみかづち‥【建御雷神・武甕槌神】

記紀に見える神。特に「古事記」の国譲り神話で重要な活躍が語られ、天照大神を受けて出雲に降り、事代主神・建御名方神を服従させ、大国主命に国譲りをさせた。また、神武東征のとき、霊剣天皇に献上したともされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android