コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建御名方神 タケミナカタノカミ

7件 の用語解説(建御名方神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たけみなかた‐の‐かみ【建御名方神】

日本神話で、大国主命の子。武神としての性格をもつ。武甕槌神(たけみかづちのかみ)らが葦原の中つ国国譲り大国主命に迫ったとき、大国主命の命令で武甕槌神と力比べを行ったが敗れて信濃諏訪湖に逃れ、この地から出ないと誓った。諏訪大社の祭神。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

建御名方神【たけみなかたのかみ】

日本神話中の出雲系の神。大国主神の次子。事代主(ことしろぬし)神の弟。国譲りに反対し,武甕槌(たけみかづち)神と力比べをして争ったが敗れ,信濃の諏訪の海にのがれ,ここに閉居することで帰順した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建御名方神 たけみなかたのかみ

古事記」にみえる神。
大国主神(おおくにぬしのかみ)の子。国譲りの際,武甕槌神(たけみかづちのかみ)と力くらべをして敗れ,信濃(しなの)(長野県)の諏訪湖ににげ,その国をでないとちかってゆるされた。諏訪大社の祭神。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

建御名方神

『古事記』の神話に登場する神。地上の支配者である大国主神(オオクニヌシノカミ)の子。「たけ」は勇壮の意。「みなかた」は,「宗像」の転とも「南方」の意ともいわれる。地上の支配権を譲り受けるために建御雷(タケミカヅチ)が高天原からやってきたとき,オオクニヌシの子である八重言代主はその交渉に応じたが,もうひとりの子タケミナカタは,これに応じないでタケミカヅチに力くらべを挑んだ。しかし,タケミカヅチの武力に圧倒されて信濃の諏訪まで逃げ,国土を譲り渡すことに同意したのちにその地に鎮座した,と伝える。現在もこの神は諏訪大社(長野県茅野市の上社前宮,諏訪市の上社本宮,下諏訪町の下社春宮,下社秋宮)に祭られている。この神がタケミカヅチの相手として選ばれた理由のひとつに,その名がタケミカヅチという名に類似していることもあるだろう。<参考文献>松前健『出雲神話』,武藤武美「タケミナカタと諏訪」(『文学』1975年1月号)

(佐佐木隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たけみなかたのかみ【建御名方神】

日本神話にみえる神の名。諏訪大社の祭神。ミナカタは〈水潟〉の意味で諏訪湖の水の神。《日本書紀》には691年(持統5)に使者を送って〈須波(すわ)神〉を祭ったと記す。《古事記》の国譲り神話によると,〈千引(ちびき)の岩〉を軽々と手玉に取りながら,高天原(たかまがはら)から遣わされた建御雷神(武甕槌(たけみかづち)神)と力競べを行うが,〈若葦〉を取るようにへし折られて投げられてしまい,信濃の〈州羽(すわ)の海〉まで逃げて国譲りを誓ったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たけみなかたのかみ【建御名方神】

古事記神話に見える神。大国主神の子。天孫降臨に先立ち高天原から遣わされた武甕槌神たけみかづちのかみとの抗争に敗れて諏訪に退き、国譲りを承諾した。諏訪神社上社にまつられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建御名方神
たけみなかたのかみ

諏訪上社(すわかみしゃ)の祭神(大祝(おおはふり)は神(みわ)氏)。名義は水潟(みなかた)、また宗像(むなかた)というが未詳。『古事記』の神話(国譲り条)で、父の大国主命(おおくにぬしのみこと)の武力を代表する神として武甕槌神(たけみかづちのかみ)に手掴(てつか)み競(くら)べを挑むが、敗れて信濃(しなの)の諏訪湖に逃げ、そこで父や兄の事代主神(ことしろぬしのかみ)の命に背かぬこと、また国外に出ないことを誓う。しかし、本来は出雲(いずも)には無関係な神で、この神話は、諏訪の新来神である建御名方神と、地主神の守矢(もりや)神や手長足長の神との闘争神話を転用したものという。また一説には、「景行(けいこう)紀」40年に信濃坂で白鹿(はくしか)となって出現し、倭建命(やまとたけるのみこと)に殺された山神も諏訪の神という。[吉井 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の建御名方神の言及

【大国主神】より

…(4)かくして葦原中国の主となったオオクニヌシに対し高天原より国土を天津神の子に譲れとの交渉がはじまる。交渉は両三度に及ぶが,ここでのオオクニヌシは生彩のない受動的な神にすぎず,使神の武甕槌神(たけみかづちのかみ)に対して事代主神(ことしろぬしのかみ),建御名方神(たけみなかたのかみ)(ともにオオクニヌシの子)ともども屈服し,国譲りのことが定まる。その際の条件にオオクニヌシは壮大な社殿に自分をまつることを請いそこに退隠することになったが,これは出雲大社の起源を語ったものである。…

【諏訪大社】より

…上社(かみしや),下社(しもしや)に分かれ,上社本宮は諏訪市中洲,上社前宮は茅野市宮川,下社春宮と下社秋宮は諏訪郡下諏訪町に鎮座。建御名方(たけみなかた)神,八坂刀売(やさかとめ)神をまつる。建御名方神は,またの名を建御名方富命,南方刀美神といい,《古事記》によると大国主神の子。…

※「建御名方神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

建御名方神の関連キーワードハチ大山祇神豊宇気毘売神脚摩乳古訓古事記月読尊伊奘冉尊思兼神櫛明玉神豊斟渟尊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

建御名方神の関連情報