コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建築音響 けんちくおんきょうacoustics of building

1件 の用語解説(建築音響の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築音響
けんちくおんきょう
acoustics of building

広義には騒音に対する遮音,吸音および建築空間の音響設計すべてを合せたもの,狭義には建築空間の音響設計をいう。建築物内では騒音を許容しうる範囲内に押えることが必要である。このために建築物の外部で発生している騒音に対しては,窓や壁のような侵入路に遮音装置を設け,室内騒音に対しては,他の室からの音を遮断したり,室内の吸音力を上げることなどが必要である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の建築音響の言及

【音響設計】より

…必要とされる音響状態を作り出すための手法。その範囲は多岐にわたるが,建築との関連でこの問題を扱う建築音響設計(建築音響)がその中心であり,以下でもこれについて解説する。建築音響の内容としては,ホールなどの室内の音響効果をよくすることと,建物の騒音防止性能(防音性能)を高めることの二つに大別される。…

※「建築音響」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

建築音響の関連情報