コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建築音響 けんちくおんきょう acoustics of building

1件 の用語解説(建築音響の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築音響
けんちくおんきょう
acoustics of building

広義には騒音に対する遮音,吸音および建築空間の音響設計すべてを合せたもの,狭義には建築空間の音響設計をいう。建築物内では騒音を許容しうる範囲内に押えることが必要である。このために建築物の外部で発生している騒音に対しては,窓や壁のような侵入路に遮音装置を設け,室内騒音に対しては,他の室からの音を遮断したり,室内の吸音力を上げることなどが必要である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の建築音響の言及

【音響設計】より

…必要とされる音響状態を作り出すための手法。その範囲は多岐にわたるが,建築との関連でこの問題を扱う建築音響設計(建築音響)がその中心であり,以下でもこれについて解説する。建築音響の内容としては,ホールなどの室内の音響効果をよくすることと,建物の騒音防止性能(防音性能)を高めることの二つに大別される。…

※「建築音響」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

建築音響の関連キーワード吸音材軍事裁判遮音牙音純粋理性竹本流NR数遮音に関する質量法則防音構造戦争犯罪および人道に対する罪に対する法令上の時効不適用に関する条約

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

建築音響の関連情報