コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明瞭度 めいりょうどarticulation constant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明瞭度
めいりょうど
articulation constant

電話の品質のよさの一つで,送話者の言葉が受話者に正しく伝えられた割合を表わす。無意味な音節を送り出し,そのなかの単音の何%が正しく伝えられたかで表わす単音明瞭度がその尺度として広く用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

めいりょう‐ど〔メイレウ‐〕【明瞭度】

電話などの通信品質を評価する尺度の一。「あ」や「た」などの単音音節を聞き取り、正確に聞き取れた割合をパーセントで表す。了解度と異なり、意味をもたない単音や音節をランダム組み合わせたものを用いる。聞き取れた単音の割合を示す単音明瞭度と、音節の割合を示す音節明瞭度がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明瞭度の関連情報