コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明瞭度 めいりょうどarticulation constant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明瞭度
めいりょうど
articulation constant

電話の品質のよさの一つで,送話者の言葉が受話者に正しく伝えられた割合を表わす。無意味な音節を送り出し,そのなかの単音の何%が正しく伝えられたかで表わす単音明瞭度がその尺度として広く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めいりょう‐ど〔メイレウ‐〕【明瞭度】

電話などの通信品質を評価する尺度の一。「あ」や「た」などの単音音節を聞き取り、正確に聞き取れた割合をパーセントで表す。了解度と異なり、意味をもたない単音や音節をランダムに組み合わせたものを用いる。聞き取れた単音の割合を示す単音明瞭度と、音節の割合を示す音節明瞭度がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

明瞭度の関連キーワード脳卒中の後遺症とリハビリテーションアーティキュレーション喉頭摘出後の代用音声スペクトル拡散方式音響設計聴覚検査建築音響通話品質ラジオモナド記録管薄ら

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android