吸音(読み)キュウオン

大辞林 第三版の解説

きゅうおん【吸音】

( 名 ) スル
壁や天井での音の反射波を吸収して反響を防ぐこと。 「 -材」 → 遮音防音

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吸音
きゅうおん

音波のエネルギーが他の形のエネルギーに非可逆的に転換される現象。たとえば、空気中を伝搬する音波は、そのエネルギーの一部が空気の粘性のため熱に、また酸素分子の振動のため振動エネルギーに転換される。ただし、この逆の現象は生じない。これは空気による吸音の例である。室内で音波が壁などに入射したとき、そのエネルギーの一部は反射され、一部は壁の内部で熱となって吸収され、残りは室外に音として出ていく(透過音)。室内の音だけを考える場合には、壁の内部で吸収されるものと透過するものとを区別する必要はなく、むしろ両者の和を吸音と考えるほうが便利である。この吸音エネルギーの入射エネルギーに対する比を吸音率という。また大きな吸音率をもつ材料は吸音材とよばれる。吸音材はその名称のためか、しばしば遮音材として誤用されるが、定義から明らかなように吸音は透過音を含むので、遮音用に用いる場合、注意が必要である。[古江嘉弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

カメラを止めるな!

日本のインディーズ映画。海外版タイトルは「ONE CUT OF THE DEAD」。ゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊と、その製作の裏側を、異色の構成と緻密な脚本で描く。監督・脚本は上田慎一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吸音の関連情報