コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸音 キュウオン

3件 の用語解説(吸音の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐おん〔キフ‐〕【吸音】

[名](スル)音を吸収して、反響を少なくすること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きゅうおん【吸音】

( 名 ) スル
壁や天井での音の反射波を吸収して反響を防ぐこと。 「 -材」 → 遮音防音

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吸音
きゅうおん

音波のエネルギーが他の形のエネルギーに非可逆的に転換される現象。たとえば、空気中を伝搬する音波は、そのエネルギーの一部が空気の粘性のため熱に、また酸素分子の振動のため振動エネルギーに転換される。ただし、この逆の現象は生じない。これは空気による吸音の例である。室内で音波が壁などに入射したとき、そのエネルギーの一部は反射され、一部は壁の内部で熱となって吸収され、残りは室外に音として出ていく(透過音)。室内の音だけを考える場合には、壁の内部で吸収されるものと透過するものとを区別する必要はなく、むしろ両者の和を吸音と考えるほうが便利である。この吸音エネルギーの入射エネルギーに対する比を吸音率という。また大きな吸音率をもつ材料は吸音材とよばれる。吸音材はその名称のためか、しばしば遮音材として誤用されるが、定義から明らかなように吸音は透過音を含むので、遮音用に用いる場合、注意が必要である。[古江嘉弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吸音の関連キーワード光圧ステルス技術勤倹少なくとも吸音力吸収源食延ばす減酒フィトクロームビュッデ効果

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吸音の関連情報