コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建部政醇 たけべ まさあつ

2件 の用語解説(建部政醇の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

建部政醇

幕末・明治の播州の藩主。多芸多能で、河野鉄兜を登用し学事を奨励した。大国隆正の門下で国学を能くする。明治8年(1875)歿、82才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建部政醇 たけべ-まさあつ

1795-1875 江戸時代後期の大名。
寛政7年11月14日生まれ。建部政賢(まさかた)の3男。文化9年播磨(はりま)(兵庫県)林田藩主建部家8代となる。国学を清水浜臣(はまおみ)にまなぶ。石野東陵を儒官として登用した。明治8年1月6日死去。81歳。通称は鶴太郎。号は聖岡。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

建部政醇の関連キーワード石川総佐木下俊良酒井忠嗣佐野宏谷衛万土屋寛直春川栄山堀田正衡毛利高翰森長篤

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone