コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁論兼和解 べんろんけんわかい

1件 の用語解説(弁論兼和解の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弁論兼和解
べんろんけんわかい

和解兼弁論ともいう。民事訴訟の実務において工夫された争点の整理および和解を目的とした準備段階の手続。公開の法廷ではなく和解室などにおいて,当事者本人,代理人,その他の関係人が裁判官訴訟指揮のもとにラウンドテーブル方式で,気楽な雰囲気のなかで口頭による討論を通じて争点の整理を行い,裁判官も必要に応じて心証を開示して争点の明確化をはかり,時機が熟せば和解をすすめる審理方式である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弁論兼和解の関連キーワード自白集中審理人事訴訟訴訟行為訴訟要件弁論民事訴訟規則民事訴訟法新民事訴訟法民事訴訟の継続審理に関する規則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone