コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁論兼和解 べんろんけんわかい

1件 の用語解説(弁論兼和解の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弁論兼和解
べんろんけんわかい

和解兼弁論ともいう。民事訴訟の実務において工夫された争点の整理および和解を目的とした準備段階の手続。公開の法廷ではなく和解室などにおいて,当事者本人,代理人,その他の関係人が裁判官訴訟指揮のもとにラウンドテーブル方式で,気楽な雰囲気のなかで口頭による討論を通じて争点の整理を行い,裁判官も必要に応じて心証を開示して争点の明確化をはかり,時機が熟せば和解をすすめる審理方式である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone