コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弊履/敝履 ヘイリ

デジタル大辞泉の解説

へい‐り【弊履/×敝履】

破れた履物。また、何の価値もないもののたとえ。
「勢の去る所は之を棄つること―より易し」〈東海散士佳人之奇遇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

弊履/敝履の関連キーワード倂・丙・並・併・兵・屏・屛・幣・平・弊・柄・炳・瓶・病・睥・竝・聘・蔽・閉・陛・餅俚・利・吏・履・理・痢・罹・裏・詈・里・離弊履・敝履捨てる

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android