式田喜平(読み)しきた きへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

式田喜平 しきた-きへい

1841-1914 幕末-明治時代の農事改良家。
天保(てんぽう)12年8月11日生まれ。生家は大和檜垣(ひがい)村(奈良県天理市)の農家。各地から稲,麦などの種苗をあつめて,明治8年自費で農事試験所をつくり,希望者に良種を無料で頒布する。とくに大和米の改良につとめた。28年奈良県農事試験場技手兼農事巡回教師。大正3年1月10日死去。74歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android