コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式見市左衛門 しきみ いちざえもん

2件 の用語解説(式見市左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

式見市左衛門 しきみ-いちざえもん

?-? 織豊-江戸時代前期のキリシタン。
文禄(ぶんろく)4年(1595)イエズス会にはいり,マカオコレジヨでまなぶ。慶長19年マニラへ追放される。翌年日本に潜入。元和(げんな)2年勉学のためマカオにおくられ,6年再潜入。関東や東北で布教活動にあたる。寛永15年仙台で捕らえられ,江戸で拷問をうけ棄教。肥前有馬(長崎県)出身。洗礼名はマルティーニョ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

式見市左衛門

没年:寛永18頃(1641)
生年:天正4頃(1576)
イエズス会司祭。肥前国有馬(長崎県)出身。洗礼名マルティーニョ。文禄4(1595)年イエズス会に入会。慶長3(1598)年マカオに赴き哲学,神学を学び,同11年に帰国する。同19年の大追放によってマニラに行き,翌年司祭に叙階され,同年8月日本に潜入した。元和2(1616)年再び勉強のためにマカオへ送られ,同6年日本へ再潜入。江戸から陸中(岩手県)盛岡までの関東,東北で布教中,寛永15(1638)年仙台で捕らえられた。江戸で岐部ペドロらと将軍家光自身の取り調べを受け,大目付井上筑後守政重によって穴吊しの拷問にかけられ「念仏を唱え」て背教した。<参考文献>H.チースリク『キリシタン時代の邦人司祭』

(宮崎賢太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

式見市左衛門の関連キーワードイエズス会ペレイラモーライエズスイエズス会士日本通信イエズス会日本年報イエズス会士ルイス・フロイスコスタンツォ山田ジュスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone