弓場始め(読み)ユバハジメ

大辞林 第三版の解説

ゆばはじめ【弓場始め】

平安・鎌倉時代、陰暦10月5日に天皇が弓場殿に臨んで公卿以下殿上人の賭弓のりゆみを見る儀式。射場始め。
武家で、年の初めや弓場が新築されたときなどに初めて弓を射る儀式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android