コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引付沙汰 ひきつけさた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引付沙汰
ひきつけさた

室町幕府法における訴訟の一系統。所帯押領,遵行難渋,抑留年貢,遺跡競などを対象とし,ほぼ鎌倉幕府法における所務沙汰に相当するものである。なお,嘉吉年間 (1441~44) 以降廃絶し,将軍が,内談衆の意見状に基づいて裁決を下す御前沙汰がこれに代った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

引付沙汰の関連キーワード室町幕府法仁政方

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android