コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引付沙汰(読み)ひきつけさた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引付沙汰
ひきつけさた

室町幕府法における訴訟の一系統。所帯押領,遵行難渋,抑留年貢,遺跡競などを対象とし,ほぼ鎌倉幕府法における所務沙汰に相当するものである。なお,嘉吉年間 (1441~44) 以降廃絶し,将軍が,内談衆の意見状に基づいて裁決を下す御前沙汰がこれに代った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android