コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内談衆 ナイダンシュウ

大辞林 第三版の解説

ないだんしゅう【内談衆】

室町幕府の職名で、訴訟にあたる引付衆のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の内談衆の言及

【御前沙汰】より

…4代義持の時代にははっきりその形を現さないが,6代義教は義満の制にならって御前沙汰を行い,以後幕府の最高評議の場となった。応仁の乱後10代義材(よしき)(後に義稙(よしたね))のころからは,会議には将軍は臨席せず,殿中申次と呼ばれる側近衆が会議の結論を持って将軍の下に参じ,裁可を仰ぐように変わり,12代義晴のころには,この側近衆を内談衆(内談方)と呼んでいる。【桑山 浩然】。…

【内談】より

…室町幕府において,引付方侍所政所(まんどころ),問注所,地方(じかた)などの各部局内会議のことを内談と称した。中でも,所領問題についての裁判機関である引付方の内談は重要で,引付衆のことを内談衆とも呼んだ。内談の次第は,15世紀後半に著作されたとみられる《武政軌範》に見える。…

※「内談衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内談衆の関連キーワード大館氏(おおだちうじ)大館常興日記宗像氏事書大館尚氏菊池武重引付沙汰京極高氏内談方大館氏内談職名宿老引付

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android