意見状(読み)いけんじょう

世界大百科事典 第2版の解説

いけんじょう【意見状】

室町時代後期,懸案の事項について,いかに裁判すべきかという意見を将軍に具申した上申文書。鎌倉時代以来武家訴訟制度の中核であった引付制度は,南北朝後期からしだいに形骸化し,将軍足利義満・義持の執政期にはほとんど廃絶した。これに代わったのが,将軍親裁をたてまえとするいわゆる御前沙汰であるが,逆に訴訟の受理から判決案の作成に至る裁判の全過程を,実質的に把握していたのは,幕府官制上はきわめて低身分の奉行人層であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いけん‐じょう ‥ジャウ【意見状】

〘名〙
① 中世の寺院での訴訟について、供僧(ぐそう)が意見を記した文書。訴訟当事者双方の主張を整理して二項に分け、一通の文書で二者択一的に供僧に問い、供僧らはその文書にそれぞれの意見を書いた。
※東寺百合文書‐ハ・延文元年(1356)四月二一日・東寺供僧意見状「公文職事 意見状」
② 室町中期以後、幕府訴訟制度において、当初には評定衆と右筆方が、のちには専ら右筆方が訴訟の判決に関する意見を書きしるした文書。意見状の結論と判決はほぼ一致し、単独で証文ないしは傍証として通用した。
※室町家御内書案(14C後‐16C後)上「次意見状之、当番衆被相調衆中之被判形

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android