コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

意見状 いけんじょう

世界大百科事典 第2版の解説

いけんじょう【意見状】

室町時代後期,懸案の事項について,いかに裁判すべきかという意見を将軍に具申した上申文書。鎌倉時代以来武家訴訟制度の中核であった引付制度は,南北朝後期からしだいに形骸化し,将軍足利義満・義持の執政期にはほとんど廃絶した。これに代わったのが,将軍親裁をたてまえとするいわゆる御前沙汰であるが,逆に訴訟の受理から判決案の作成に至る裁判の全過程を,実質的に把握していたのは,幕府官制上はきわめて低身分の奉行人層であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

意見状の関連キーワード二階堂忠行伺事記録引付沙汰御前

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android