コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引声念仏 いんぜいねんぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引声念仏
いんぜいねんぶつ

円仁が中国五台山から伝えた念仏法。音楽的な調べに乗せて歌う形の念仏で,比叡山常行三昧堂円仁がこの念仏を行なったとされる (851) 。これはやがて不断念仏に受継がれたといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いんじょうねんぶつ【引声念仏】

引声で阿弥陀仏の名号を唱えること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

引声念仏の関連キーワード光明寺(神奈川県)光明寺

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android