引渡し命令(読み)ひきわたしめいれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「引渡し命令」の解説

引渡し命令
ひきわたしめいれい

差押え後の有体動産第三者が占有することとなったとき,執行裁判所が差押え債権の申立てにより,その第三者に対し差押え物を執行官に引渡すことを命じる裁判 (民事執行法 127) 。不動産強制競売において,代金を納付した買受け人の申立てにより,債務者または事件の記録上差押えの効力発生前から権原により占有している者でないと認められる不動産の占有者 (執行記録上買受け人に対抗できる権原により占有している者を除く) に対し,不動産を買受け人に引渡すことを命じる裁判 (83条) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android