強制競売(読み)きょうせいけいばい(英語表記)Zwangsversteigerung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強制競売
きょうせいけいばい
Zwangsversteigerung

不動産に対する強制執行の方法の一種。債権者申立てに基づき裁判所が強制競売開始決定を行なって目的物差押える。そして競売期日に執行官をして入札,競り売りまたは最高裁判所規則の定める方法で売却させ,買受人のなかの最高価買受申出人を定め,その者に対して売却許可決定をする。これによって従来不動産上に存在した抵当権などの負担は消滅し,競落人は不動産の所有権を取得する。さらに裁判所は,買受人から払われた不動産の代金を債権者に配当して,手続を終了する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうせいきょうばい【強制競売】

法律用語。〈きょうせいけいばい〉と読むことが多い。不動産などに対する強制執行の一方式で,債務者の負う金銭債務の弁済のため,その所有する不動産等を裁判所の手で売却し,その代金(換価代金)を,債務の弁済にあてるもの(民事執行法43条以下)。同じく不動産に対する強制執行であっても,強制管理が,不動産等を売却せずに,そこからの収益(賃貸料など)を債務の弁済にあてるものであるのと異なる。強制競売の対象は不動産そのものに限られず,不動産の共有持分,登記された地上権,永小作権なども不動産とみなされるほか,船舶(20トン以上),航空機,自動車,建設機械なども強制競売の対象となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうせいけいばい【強制競売】

不動産に対する強制執行の一。債権者への弁済にあてるため、債権者の申し立てにより裁判所が債務者の不動産を差し押さえ、競売または入札などの方法で換価する。船舶・航空機・自動車なども同様の扱いがなされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の強制競売の言及

【不動産執行】より

…金銭債権の満足のために債務者所有の不動産に対して行う強制執行。その不動産を売却して代金を債権者に配当する強制競売と,裁判所が選任する管理人がその不動産を管理し,収益を債権者に配当する強制管理の2種類があり,どちらの方法で行うかは執行を申し立てる債権者が選択する(民事執行法43条)。強制管理は債務者の有するアパート等,継続的に収益を生ずる不動産について行われることが多い。…

【強制競売】より

…同じく不動産に対する強制執行であっても,強制管理が,不動産等を売却せずに,そこからの収益(賃貸料など)を債務の弁済にあてるものであるのと異なる。強制競売の対象は不動産そのものに限られず,不動産の共有持分,登記された地上権,永小作権なども不動産とみなされるほか,船舶(20トン以上),航空機,自動車,建設機械なども強制競売の対象となる。 強制競売は,民事執行手続中,最も複雑で,その運用には,むずかしい法律判断が伴うため,執行機関としては執行裁判所(不動産の場合はその所在地を管轄する地方裁判所)があてられている。…

※「強制競売」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強制競売の関連情報