引纏(読み)ひきまとう

精選版 日本国語大辞典「引纏」の解説

ひき‐まと・う ‥まとふ【引纏】

〘他ハ四〙
につける。着る。巻きつける。からみつける。まとう。ひきまつう。ひきまつぶ。
※成尋母集(1073頃)「暑きなどにも、単衣など身にひきまとひつつ」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉九「諸軍を引纏(ヒキマト)ひて板橋駅に着せらる」

ひき‐まつ・う ‥まつふ【引纏】

[1] 〘他ハ四〙 =ひきまとう(引纏)
※御巫本日本紀私記(1428)神代上「結裳為袴〈毛遠比支万豆比弖波加万止(もをヒキマツヒてはかまと)〉」
[2] 〘他ハ下二〙 (一)に同じ。
※護摩蜜記長元八年点(1035)「五色の糸を曳縈(ヒキマツヘ)

ひき‐まと・める【引纏】

〘他マ下一〙 ひきまと・む 〘他マ下二〙 集めまとめる。とりまとめる。ひきまとう。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
阿部一族(1913)〈森鴎外〉「阿部一族は妻子を引(ヒ)き纏(マト)めて〈略〉山崎の屋敷に立て籠った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android