コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘宗王 ひろむねおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弘宗王 ひろむねおう

?-? 平安時代前期の官吏。
承和(じょうわ)8年(841)従五位下。讃岐権守(さぬきのごんのかみ),大和守,左中弁などを歴任した。従四位下。讃岐の農民らの訴えにより囚禁されるが,藤原良相(よしみ)の上表に「治名あり。法網に罹(かか)るといえども,その才なきにあらず」と評された。貞観(じょうがん)7年(865)越前守(えちぜんのかみ)に就任,13年不正が発覚,すでに死去のため不問にされた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android