コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原良相 ふじわらのよしみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原良相
ふじわらのよしみ

[生]弘仁4(813)
[没]貞観9(867).10.10.
平安時代初期の公卿。左大臣冬嗣の子。良房の弟。右大臣,正二位にいたる。「延命院」や「崇親院」を建立して,藤原氏の貧窮学生や自活できない子女を収養した。2人の娘は,それぞれ文徳天皇,清和天皇女御になっている。なお,享年を 51歳とする説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

藤原良相

藤原氏繁栄の礎を築いた冬嗣(ふゆつぐ)の五男。政権ナンバー3の右大臣にまで出世するが、政権トップの太政大臣だった次兄の良房(よしふさ)から警戒される関係にあった。866年の「応天門の変」で政治力を失い、翌年に没した。

(2011-12-09 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原良相 ふじわらの-よしみ

813-867 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
弘仁(こうにん)4年生まれ。北家藤原冬嗣(ふゆつぐ)の5男。母は藤原美都子(みつこ)。承和(じょうわ)15年(848)参議,天安元年(857)右大臣。正二位にいたる。崇親院,延命院をもうけて同族の困窮者を救済,仏教に帰依(きえ)した。「貞観格式(じょうがんきゃくしき)」「続日本後紀」の編修にかかわる。貞観9年10月10日死去。55歳。贈正一位。西三条大臣とよばれた。西三条大臣とよばれた。

藤原良相 ふじわらの-よしすけ

ふじわらの-よしみ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原良相

没年:貞観9.10.10(867.11.9)
生年:弘仁4(813)
平安前期の官人。冬嗣と 尚侍美都子(藤原真作の娘)の子。承和の変(842)を経験し,参議を経て天安1(857)年右大臣。応天門の変(866)では,『大鏡裏書』によると,良相は伴善男と相談して左大臣源信を陥れようとしているが,事件の真相は不明。しかし善男流罪のあと仏門に入ることを願って再三致仕を請願しているのは,政治世界からの離脱を願ったからであろう。豪胆で雄弁である一方,信心に厚かったとされ,邸内に崇親院を建てて自活できない一族の子女を収容したり,病患者の救済施設として延命院を設けた。また亡妻(相模権掾大枝乙枝の娘)のため再婚もせず,その供養に専心した。娘の多可幾子と多美子はそれぞれ文徳,清和両天皇の女御。

(瀧浪貞子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのよしみ【藤原良相】

813‐867(弘仁4‐貞観9)
平安前期の官人。藤原冬嗣の五子で母は尚侍藤原美都子。その出自とともに,度量広大にして才幹ありと評された資質とあいまって栄達の途も保証されていたが,政治家より文人的な志向が強く,崇親院に自存できない一族の子女を収容したりした。834年(承和1)蔵人となり,左近衛少将を経て,承和の変では近衛を率いて行動し,848年(嘉祥1)には参議となり,右大弁春宮大夫を経て851年(仁寿1)には従三位権中納言となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

藤原良相の関連キーワード藤原良相(ふじわらのよしすけ)藤原多可幾子藤原元利万侶藤原多美子藤原常行三統真浄弘宗王相応

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android