コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弣金具 ゆづかかなぐ

1件 の用語解説(弣金具の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆづかかなぐ【弣金具】

弓の中央部分を弣(弓柄)(ゆづか∥ゆつか)といい,弣に装飾として取り付けた金具を弣金具と呼ぶ。中国,殷・周代の短弓の弣には,平面が舟形を呈し,両端に鈴を付けた青銅製の弣金具が,装飾として付けられる。日本の弥生時代古墳時代では,丸木弓の弣をやや太目にしたり,樹皮を巻いて握りやすくするのが一般的である。しかし奈良県のメスリ山古墳から出土した儀仗用の鉄弓では,弣の内面に文様を施した細板状の弣金具が取り付けられており,古墳時代の高級な弓には,弣に文様なり金具なりで装飾を施したことを示唆している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

弣金具の関連キーワード髪束中子握り太眉作り湯疲れ設弦センターマーク弓柄斎つ桂A帯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone