弱目(読み)よわめ

精選版 日本国語大辞典「弱目」の解説

よわ‐め【弱目】

① 弱った時。からだが病気や疲労で弱った状態。弱り目。
※源氏(1001‐14頃)夕霧「物怪なども、かかるよはめに所うるものなりければ」
② 弱い部分。弱いところ。
史記抄(1477)一一「敵のよわめを見て打ものぞ」
③ 比較的弱い状態。「弱めにパーマをかける」

よわり‐め【弱目】

〘名〙 弱った状態。弱った時。
※風に乗って来るコロポックル(1918)〈宮本百合子〉六「丁度、梅雨期のやうな不愉快さ、不健康さを弱り目に受けて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「弱目」の解説

よわ‐め【弱目】

弱ったとき。弱った状態。よわりめ。
「物怪(もののけ)などもかかる―に所得るものなりければ」〈・夕霧〉
よわみ。弱いところ。
「敵の―を見て打つものぞ」〈史記抄・孫呉伝〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android