コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張月樵 ちょう げっしょう

美術人名辞典の解説

張月樵

江戸後期の画家。近江生。名は行貞、字は元啓、別号に酔霞堂。幼少より画を好み、初めは市川君圭に、のち呉春に師事する。名古屋に住し、藩命により城内杉戸・襖・屏風等を描いて用人支配となり、帯刀を許された。長沢蘆雪親交があり、奇抜な着想と斬新な意匠で、花鳥・人物を能くした。著に『不形画譜』がある。天保3年(1832)歿、61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

張月樵 ちょう-げっしょう

1772-1832 江戸時代後期の画家。
安永元年生まれ。市川君圭,松村呉春(月渓)にまなぶ。長沢蘆雪(ろせつ)とまじわり,影響をうけた。花鳥人物画がおおく,文化14年「不形画藪(がそう)」を刊行した。天保(てんぽう)3年6月22日死去。61歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は行貞。字(あざな)は元啓。通称は快助。別号に酔霞堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

張月樵の関連キーワード山本梅逸村瀬秋水貝谷采堂山田宮常沼田月斎渡辺華石横井金谷大石真虎

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

張月樵の関連情報