コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張爾巽 ちょうじそんZhang Er-xun; Chao Êrh-sun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張爾巽
ちょうじそん
Zhang Er-xun; Chao Êrh-sun

[生]道光24(1844)
[没]1927. 北京
中国,清末,民国初期の政治家。漢軍正藍旗の人。字は公鎮。号は次珊。同治 13 (1874) 年の進士。翰林院撰文より御史,地方官を歴任。光緒 31 (1905) 年盛京将軍。宣統3 (11) 年東三省総督となり,辛亥革命に対抗するために清朝と了解のうえ奉天国民保安会をつくって,形式的に東北を独立させた。 1912年清史館総裁。そののち袁世凱段祺瑞北洋軍閥政府のもとで参議院参政,議長をつとめた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

張爾巽の関連キーワード地方官御史進士

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android