コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張爾巽 ちょうじそん Zhang Er-xun; Chao Êrh-sun

1件 の用語解説(張爾巽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張爾巽
ちょうじそん
Zhang Er-xun; Chao Êrh-sun

[生]道光24(1844)
[没]1927. 北京
中国,清末,民国初期の政治家。漢軍正藍旗の人。字は公鎮。号は次珊。同治 13 (1874) 年の進士。翰林院撰文より御史,地方官を歴任。光緒 31 (1905) 年盛京将軍。宣統3 (11) 年東三省総督となり,辛亥革命に対抗するために清朝と了解のうえ奉天国民保安会をつくって,形式的に東北を独立させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

張爾巽の関連キーワード朱昴之没・歿勃・歿・没NかMか愛知県西尾市道光寺愛知県西尾市道光寺町道光(3)道光(4)Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone