コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段祺瑞 だんきずいDuan Qi-rui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

段祺瑞
だんきずい
Duan Qi-rui

[生]同治4(1865).3.6. 安徽,合肥
[没]1936.11.2. 上海
中国の軍閥。北洋軍閥の一人で安徽派領袖。清末,袁世凱の部下となり,中華民国成立後は陸軍総長に就任。 1915年袁の帝制運動に反対して下野し,16年袁の死後内閣を組織して北京政府の実権を握り,国内の武力統一政策を推進。 17年日本の寺内正毅内閣の援段政策を機に日本との結びつきを強め,巨額の借款を獲得し (西原借款) ,日本の軍事的財政的援助により参戦軍3個師団を養成。 18年5月日中共同防敵軍事協定を締結するなど,自己の政権保持のため日本の政府,軍部に大きく依存するにいたった。第1次世界大戦後,直隷派の勢力が台頭するなかで学生や民衆の反段反日の風潮が強まり,20年の安直戦争で直隷派に敗れ,天津に一時引退した。 24年第2次奉直戦争後,奉天派 (張作霖) と国民軍 (馮玉祥) に推されて臨時執政に就任。 26年3月学生,民衆の請願団に発砲して多数の死傷者を出し (三・一八事件) ,同年奉国戦争により下野し,大連から天津,南京へと移り,上海で死去。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だん‐きずい【段祺瑞】

[1865~1936]中国の軍人・政治家。北洋軍閥安徽(あんき)派の首領。合肥(安徽省)の人。字(あざな)は芝泉(しせん)。袁世凱(えんせいがい)の腹心として、辛亥(しんがい)革命後、陸軍総長。袁の死後、北京政府の実権を握り、南方革命派を弾圧した。トアン=チーロイ。

トアン‐チーロイ【段祺瑞】

だんきずい(段祺瑞)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

段祺瑞【だんきずい】

中国,清末民国初の軍閥政治家。安徽(あんき)省の人。袁世凱(えんせいがい)の部下として辛亥(しんがい)革命に活躍し,陸軍総長,国務総理を歴任。袁の死後,日本の寺内内閣の支援を受け(西原借款),北洋軍閥安徽派巨頭として実権を握った。
→関連項目五・四運動張勲馮国璋北洋軍閥梁啓超

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

段祺瑞 だん-きずい

1865-1936 中国の軍人,政治家。
同治4年2月9日生まれ。北洋軍閥安徽(あんき)派の首領。袁世凱(えん-せいがい)のもとで中華民国陸軍総長となる。袁の死後,国務総理をつとめ,西原借款(しゃっかん)などの援助をうけ親日政策をとる。1920年安直戦争に敗れ,天津にうつる。1924年張作霖(ちょう-さくりん)と馮玉祥(ふう-ぎょくしょう)に擁立され,臨時執政となるが,1926年両派の対立で辞職。1936年11月2日死去。72歳。安徽省出身。字(あざな)は芝泉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だんきずい【段祺瑞 Duàn Qí ruì】

1865‐1936
中国の軍人。安徽省合肥の人。祖父の代から淮(わい)軍の将の家の出である。字は芝泉,号は正道老人。北洋武備学堂の第1期生を首席で卒業してドイツに留学,帰国して袁世凱のもとで新軍の創設につとめた。竜の王士珍,狗(いぬ)の馮国璋と並べて虎の段祺瑞と称された(北洋三傑)。中華民国の袁大総統のもとで陸軍総長を連任して実力をたくわえ,袁世凱の死後,3度国務総理となり,4年間にわたって北京の政権を掌握した。段政権は,二十一ヵ条要求以上にひどい日華共同防敵軍事協定などとひきかえの西原借款に代表される財政援助で維持されてきた親日政権だったから,第1次大戦の終了後,安直戦争に敗れて退場することになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だんきずい【段祺瑞】

1865~1936) 中国の軍人・政治家。北洋軍閥安徽あんき派の首領。袁世凱えんせいがいの下で活躍。北京政府の陸軍総長・国務総理となり、日本と結んで反動政策をとった。1926年隠退。トアン=チーロイ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

段祺瑞
だんきずい / トワンチールイ
(1865―1936)

中国の軍閥政治家。安徽(あんき)省出身。清(しん)末から袁世凱(えんせいがい)の腹心として北洋新軍の創設に努めた。辛亥(しんがい)革命後は、袁のもとで中華民国陸軍総長、国務総理などに就任。袁の死後、安福派(安徽派)の軍閥官僚を率いて、馮玉祥(ふうぎょくしょう)を頭とする直隷(ちょくれい)派と対立し、北京(ペキン)政府の実権を握るため、軍閥戦争を繰り返した。1917年から1918年にかけて、日本の寺内正毅内閣の援段政策と結び、西原借款などの援助を受け、南方革命派の弾圧を図った。1924年北京で臨時執政に就任。1926年には魯迅(ろじん)が「民国以来もっとも暗黒な日」といった三・一八事件で学生運動を弾圧。1928年、北伐完了とともに勢力を失い、上海(シャンハイ)で没した。[安藤彦太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の段祺瑞の言及

【広東政府】より

…共和制の中華民国は,主権在民の〈臨時約法〉(憲法にあたる)と民選の国会をもったが,軍閥の袁世凱,張勲らはそれを破壊した。張勲の復辟失敗後,北京政府をにぎった段祺瑞がやはり約法と国会を回復しなかったので,孫文は〈護法〉(臨時約法擁護)の旗印をかかげて,彼と行動をともにした国会(非常国会)を法的基盤に広州で中華民国軍政府(第1次広東政府,1917年9月~20年10月)を組織し,大元帥に就任した。孫文は西南軍閥の武力にたより,西南軍閥は北洋に対抗するために孫文の名声と護法の正統性を利用したのである。…

【護法運動】より

…中国,第1次大戦期半ばに,孫文が展開した政治闘争。戦争の長期かつ大規模化は,中国にも参戦問題をもたらし,日本の強力な援助の下に権力拡大をねらう段祺瑞一派の積極参戦論と,これに反対する諸勢力の慎重論との対立は,日ごとに深刻になっていった。この間隙をぬって,1917年7月1日,張勲が清朝復辟のクーデタを起こした。…

【中華民国】より

…民国を帝国にあともどりさせることは前皇帝にも軍閥の親玉にももはや不可能だった。袁世凱の死後,北京の中央政権を掌握したのはその右腕,段祺瑞であった。段祺瑞は日本を後ろだてに袁世凱の衣鉢を継ごうとしたが,護国戦争を経る間に各地の軍閥の地盤強化がすすみ,もはや袁世凱時代ほどの統一も図れなかった。…

【北洋軍閥】より

…それは袁世凱の新軍創建に起源し,新軍の拡充にともない,1905年(光緒31)には〈北洋6鎮(鎮は師団)〉を数えるにいたった。袁は新軍創建にあたり北洋武備学堂(李鴻章が1885年に天津に創立した兵学校)出身の段祺瑞,馮国璋らを抜擢した。かれらは実戦経験豊富な淮(わい)軍の旧式将領から軽視されてきたため,袁に恩義を感じて忠誠に励むこととなった。…

※「段祺瑞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

段祺瑞の関連キーワード馮玉祥(ふうぎょくしょう)馮国璋(ふうこくしょう)トワン・チーロイ段祺瑞内閣援助北京関税会議憲法研究会西原亀三護法運動復辟運動勝田主計広東政府国民革命しんがい辛亥革命第三革命安福派呉佩孚呉鼎昌章宗祥政学系

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android