張紙値段(読み)はりがみねだん

百科事典マイペディアの解説

張紙値段【はりがみねだん】

江戸幕府の公定米価。正月,4月,9月に江戸城内の中ノ口(なかのくち)に奉書の形で張紙されたのでこの称がある。旗本御家人俸禄換算率となるが,実際の米価とは違っていた。一部の地方では年貢石代納(こくだいのう)の換算値段としても一定の増値段を加えて用いられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はりがみねだん【張紙値段】

江戸時代,旗本・御家人の俸禄米を金で支給する際の公定換算値段。幕府直臣のうち万石以下のものは,地方知行(じかたちぎよう)と蔵米(くらまい)知行に分けられるが,後者は蔵奉行から俸禄米を,春(2月)1/4,夏(5月)1/4,冬(10月)1/2と3期に分けて支給された。全部を現米で支給することもあるが,通常は一部を金に代えて支給した。その換算相場を支払のつど,江戸城内の中ノ口に張紙したところから,この名があり,値段の表示は米100俵(35石)当りの金額で行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android