コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米相場 こめそうば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米相場
こめそうば

米の取引所において,需給関係や思惑などによって決定される米の先物価格。日本で米が一つの商品として市場で売買されるようになったのは,ほぼ 17世紀頃からと推測される。そもそもは封建諸侯や江戸幕府によって徴収された年貢米の出納を,大坂や江戸の商人が封建諸侯や幕府,旗本,御家人に代わって行なったことに始まる。近代以降も米は経済的,社会的な重要性を失わず,1918年には米相場の高騰が社会的混乱(→米騒動)を招いた。1921年に米穀法,1933年に米穀統制法が制定されて米は政府の統制下に置かれ,1939年に米穀配給統制法が施行されたことにより,米の市場は成立しなくなった(→米穀統制)。その後,1995年の食糧管理法の廃止や,2004年の主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律の改正などで米取引に際し適正な価格形成がなされるようになったほか,米の価格が下がっても農家に直接交付金を支払う戸別所得補償制度が導入されたことで米先物の上場が検討され,2011年に東京穀物商品取引所と関西商品取引所で米の先物取引が 72年ぶりに復活した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こめそうば【米相場】

旧制の米穀取引所における米穀売買取引。
空米くうまい相場 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

米相場の関連キーワードもうは未だなり、未だはもうなり大阪堂島商品取引所彼岸底彼岸天井小林 佐兵衛加島屋清兵衛木村 政次郎堂島米市場銭屋五兵衛米穀取引所小林佐兵衛高橋彦次郎大小切騒動下村善太郎為替の裁定露木卯三郎桑名の殿様為替裁定草茅危言相場会所蔵前相場

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

米相場の関連情報