コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張邦昌 ちょうほうしょうZhang Bang-chang; Chang Pang-ch`ang

1件 の用語解説(張邦昌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張邦昌
ちょうほうしょう
Zhang Bang-chang; Chang Pang-ch`ang

[生]?
[没]建炎1(1127)
中国,が北宋を滅ぼして河南に建てた傀儡国家楚の皇帝。東光 (河北省) の人。字は子能。北宋第8代欽宗のときの尚書左僕射であったが,金軍が南下したのでその人質となって連行された。建炎1 (1127) 年金軍は再び南下し,宋の都を陥れた3月7日,彼を立てて楚帝とした。しかし金軍が北に帰ると,4月彼は康王 (→高宗) のもとにくだり,退位。その後,死を賜わった。楚は三十数日存在したにすぎなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

張邦昌の関連キーワードザンギー朝講史コンラート[3世]水石宋銭中国演劇宋版硫酸ピッチスモン薬害スモン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone